* モバイルショップへようこそ♪ *



* m.i.S.店主のエッセー *
「 みーし はーなん 」

Hej!
スウェーデンからこちらでの生活や風習などについて、普通のガイドブックには書かれていない情報をお届けしています。
  スウェーデンってどんな国なんだろうと思っている方も、”スウェーデン通 ”を目指す方も、皆さん是非遊びにいらして下さい。

* Hej(ヘイ):瑞典語での「ハロー!」です。


         

 営業日カレンダー 
9月





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



11月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

:  休業日
ご注文は24時間年中無休で承っております。休業日はメール対応・発送業務は基本的にお休みとさせていただきます。 また、お問い合わせは時差の関係上メールのみにてお願いいたします。 




北欧雑貨・ヴィンテージショップの「 made in Sweden 」

織物: 「Brickbandsvavning 」ソフトカバー




【 ☆ 商品画像の色合いについて ☆ 】

当店では、商品本来の色合いに近い色になるよう、自然光を利用して撮影しております。
場合によっては、実際のお色より明るめ/暗めに写っていることもございます。
また、ご使用のコンピューターのモニターやプラウザの環境などにより
写真と実際の商品の色合が、多少異なる場合がございますこと、予めご了承ください。
色合について特にご心配のある場合は、右下の「この商品ついて問い合わせる」ボタン
をクリックの上、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

在庫数Thanks. Sold Out!
【 説明 】
スウェーデン語の織物の本のご紹介です。

こちらは、手織りのバンド織りの参考書となります。

手織りのバンド織りと言うと、Bandgrind/バンドグリンドと言う
手織り用バンド織り専用の道具を使って織る方法が有名ですが、
こちらは、隅に穴が空いたカードを利用して
北欧伝統柄の織物リボンを織り上げる方法の参考書となります。

中は、白黒写真のみで、手織りバンド織りのために必要な道具から、
セッティングの仕方なども掲載されていますが、
半分ほどは、いろいろなバンドの模様の紹介となります。

また、こちらのテクニークは、普通の機織にも活かせる方法ですので、
織物全体に興味のある方には、是非手に取っていただきたい織物の参考書♪

既に織物の基本的な知識がある方へ。

見た目もレトロな北欧デザインですので、
インテリアとして見えるように本棚に飾っても素敵です。。。☆


【 コンディション 】
★★★★☆
表紙や裏表紙・背表紙に若干の経年劣化・使用感が見られますが、
内側はきれいで、特に目立つダメージなどのない大変良い状態です。


※注:
手芸本の書き込みに関しましては、目立つものがあれば記載するようにいたしますが、
小さな書き込みなどは見逃してしまう可能性もございますので、
こちら、ご理解いただけますと助かります。

また、ヨーロッパでは本の見開きの部分に所有者の名前を入れる風習がございますので、
こちらも合わせてご理解いただけますようお願い申し上げます。


【 ページ数 】 96ページ

【 出版社 】  LTs Forlag

【 作 者 】  Ann Sutton Pat Holtom

【 出版年 】  1977年

【 サイズ 】  縦 20cm 横 20cm

【 重量 】   300g( 商品のみ )

        !☆! 送料の目安は、こちら をご参考くださいませ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ☆ お買い求めにあたってのご注意 ☆ 】

当店で販売している殆どの商品は、実際に北欧の家庭で使われて来た
ヴィンテージ/アンティークのユーズドのお品となり、
経年による劣化や使用感があるものがほとんどです。

特に目立つような傷や汚れについては、上記【コンディション】の欄にて、
できるだけ詳しくご案内しておりますが、
特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもありますこと、ご了承ください。

商品情報に記載しきれない小さな傷などについては、
ヴィンテージ品の特性としてご理解の上、お買い求めください。

上記以外にも製造時の粗、また北欧の陶磁器の底面には、
焼成時の3点の支柱跡が見られるものが多くございます。

お品についてのより詳しいコンディションをご確認されたい場合は、
メールにて事前にお問い合わせ頂きますようお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・