* モバイルショップへようこそ♪ *



* m.i.S.店主のエッセー *
「 みーし はーなん 」

Hej!
スウェーデンからこちらでの生活や風習などについて、普通のガイドブックには書かれていない情報をお届けしています。
  スウェーデンってどんな国なんだろうと思っている方も、”スウェーデン通 ”を目指す方も、皆さん是非遊びにいらして下さい。

* Hej(ヘイ):瑞典語での「ハロー!」です。


         

 営業日カレンダー 
6月




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
7月






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31




8月


1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

:  休業日
ご注文は24時間年中無休で承っております。休業日はメール対応・発送業務は基本的にお休みとさせていただきます。 また、お問い合わせは時差の関係上メールのみにてお願いいたします。 




北欧雑貨・ヴィンテージショップの「 made in Sweden 」

J スウェーデン織り: クリスマス・カラーのカフェカーテン(未完成)☆




【 ☆ 商品画像の色合いについて ☆ 】

当店では、商品本来の色合いに近い色になるよう、自然光を利用して撮影しております。
場合によっては、実際のお色より明るめ/暗めに写っていることもございます。
また、ご使用のコンピューターのモニターやプラウザの環境などにより
写真と実際の商品の色合が、多少異なる場合がございますこと、予めご了承ください。
色合について特にご心配のある場合は、右下の「この商品ついて問い合わせる」ボタン
をクリックの上、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

在庫数Thanks. Sold Out!
【 説明 】
スウェーデンの家庭で手作りされた素敵なカフェカーテンのご紹介です。

昔、家に機織があるのが普通だった頃には、家庭で織られたリネンの生地が沢山あり、
こちらはその”Hemvavd"(家で織られた)と呼ばれるテーブル・クロスになります。

こちらは、温かみのある赤や茶色のクリスマス・カラーのクロスに、
白の糸で伝統的なお花のモチーフがアクセントとして織り込まれた作品☆

また、カフェカーテン用に裁断されたものの、未完成のままの一点になります。

ご自宅の窓に合わせて、目的どおりカフェカーテンを作っていただいてもいいですし、
クッションや小物などをリメイクしていただいても良いと思います♪

一つは欲しい、伝統的なスウェーデンのクリスマス用の織物です。


※ こちらは、同じ柄でテーブル・クロスもご紹介しております。


!注: 織物の名称ですが、一見して素人(織物をしない私。。。)が見て推測したもので
ご紹介しております。
織物に知識のある知り合いに確認してはおりますが、
スウェーデンは、織物の種類が大変沢山あり、
細かい区別をつけるのは難しいものがありますので、
織りの方法がご紹介で上げているものとは違う場合がありますことをご理解の上で
ご購入をご検討いただけますようお願い申し上げます。



【 コンディション 】
★★★★☆
若干の経年劣化・使用感はあるかと思いますが、
目立つダメージなどのない大変良い状態です。

サイド、表部は、切ったままの状態ですので、
お取り扱いの際にそこから解れないよう気をつけてください。


【 原産国 】   スウェーデン

【 サイズ 】   縦 38cm 横 182cm

【 重量 】    150g( 商品のみ )

        !☆! 送料の目安は、こちら をご参考くださいませ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ☆ お買い求めにあたってのご注意 ☆ 】

当店で販売している殆どの商品は、実際に北欧の家庭で使われて来た
ヴィンテージ/アンティークのユーズドのお品となり、
経年による劣化や使用感があるものがほとんどです。

特に目立つような傷や汚れについては、上記【コンディション】の欄にて、
できるだけ詳しくご案内しておりますが、
特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもありますこと、ご了承ください。

商品情報に記載しきれない小さな傷などについては、
ヴィンテージ品の特性としてご理解の上、お買い求めください。

上記以外にも製造時の粗、また北欧の陶磁器の底面には、
焼成時の3点の支柱跡が見られるものが多くございます。

お品についてのより詳しいコンディションをご確認されたい場合は、
メールにて事前にお問い合わせ頂きますようお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・