* モバイルショップへようこそ♪ *



* m.i.S.店主のエッセー *
「 みーし はーなん 」

Hej!
スウェーデンからこちらでの生活や風習などについて、普通のガイドブックには書かれていない情報をお届けしています。
  スウェーデンってどんな国なんだろうと思っている方も、”スウェーデン通 ”を目指す方も、皆さん是非遊びにいらして下さい。

* Hej(ヘイ):瑞典語での「ハロー!」です。


         

 営業日カレンダー 
12月




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



2月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28



3月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
:  休業日
ご注文は24時間年中無休で承っております。休業日はメール対応・発送業務は基本的にお休みとさせていただきます。 また、お問い合わせは時差の関係上メールのみにてお願いいたします。 




北欧雑貨・ヴィンテージショップの「 made in Sweden 」

超レア!Upsala Ekeby/ウプサラエケビィ:Mari Simmulsonデザインの花びん♪ Cardus




【 ☆ 商品画像の色合いについて ☆ 】

当店では、商品本来の色合いに近い色になるよう、自然光を利用して撮影しております。
場合によっては、実際のお色より明るめ/暗めに写っていることもございます。
また、ご使用のコンピューターのモニターやプラウザの環境などにより
写真と実際の商品の色合が、多少異なる場合がございますこと、予めご了承ください。
色合について特にご心配のある場合は、右下の「この商品ついて問い合わせる」ボタン
をクリックの上、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

在庫数Thanks. Sold Out!
【 説明 】
スウェーデンの Upsala Ekeby(ウプサラエケビィ)社に1949〜72年にかけて在籍した
Mari Simmulson(マリ・シムルソン)のデザインによる陶器壁掛のご紹介です。

こちらは、”Cardus”シリーズの花瓶となり、
製造年は、彼女の在籍年でも最後の方に当たる、
68〜69年に掛けてのたったの1年間。

これまで当店では同シリーズのこちらこちらのような
壁掛けを数回ご紹介してまいりましたが、花瓶は今回が初めての登場となります☆

また、陶板は70年まで製造されていたのですが、
花瓶のほうは68-69年にかけてのみの製造となり、
市場にも殆ど出回っていない大変レアな一点となります。

陶板のモチーフがサボテンを思わせるものですので、
こちらのエキゾチックな雰囲気のお花も
サボテンのお花でないかな。。。と思います。

シャモッテーと呼ばれる大きな粒の入った特殊な粘土を利用し、
釉薬のない素朴な素焼き部分と、まるでエナメル画を思わせるつやつやとした
表面の釉薬部分のモチーフとの組み合わせが、独自の世界を生み出している、
ご覧の通り、このままインテリアとしても飾って置ける、
大変オリジナルな雰囲気の作品☆

彼女のコレクターに、是非おすすめの一点です♪


☆ Mari Simmulson ☆

30年代にアラビア社につとめ、
40年代にはGustavsberg StudioのWilhelm Kage(ヴィルヘルム・コーゲ)に師事した
素晴らしい履歴があるだけあって、
彼女の作品は、ストックホルムナショナルミュージアム、V&Aロンドンを始め、
その他世界各国の美術館にてコレクションされています。

72年にエケビィ社が閉じるまで活躍したデザイナーで、
彼女の作品は、同社のコレクター達の間で高価に取引されている人気アイテムです。


〜 日本では、Gustavsberg社ほどは知られていないと思いますが、
  スウェーデン陶器製品を代表する窯の一つです。
  以下、Upsala Ekeby社について簡単にご説明致します。 〜

1885年、スウェーデンの北にある有名な大学町・ウプサラ
(日本からの留学生も多いようですね。)のEkeby村で、
当初はタイル・レンガの製造を主にしておりましたが、
1920年頃からそれでま外国の製品をコピーしていたのをやめ、
アーティストやデザイナーを雇用し、
オリジナル・デザインのスウェーデン陶器を製作するようになりました。

20〜50年代にかけ、西欧では良く知られる一大ブランドに成長しましたが、
時代の流れにともない70年代に閉窯。

今では、ウプサラ・エーケビィ(ゲフレ)の作品は、
多くのアンティーク・コレクターの間で取引されるようになりました。



【 コンディション 】
★★★★☆
花瓶の側面の底に近い角の部分に、
表面が薄くはがれた箇所が2箇所(※参照:2段目・1枚目)確認できます。

その他、若干の経年劣化・使用感(内側に)が見られますが、
特に目立つダメージのない大変良い状態です。

※ 口の内側の白い部分に、製造過程で入った貫入のラインの上に
  白い塗料を塗ったような箇所(※参照:2段目・最後)が確認できますが、
  この部分を触るとつるつるとしておりますので、製造過程で付けられたものかもしれません。
  ( ちなみに、こちらのラインは、表面からは全く見られません。 
    内側の白い釉薬部分に見られるのみとなります。 )


【 原産国 】  スウェーデン

【 スタンプ 】 UE Sweden 7046 MS

【 サイズ 】  高 19cm 直径 7.5(口径)-8(底径)cm

【 重量 】   600g( 商品のみ )

        !☆! 送料の目安は、こちら をご参考くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ☆ お買い求めにあたってのご注意 ☆ 】

当店で販売している殆どの商品は、実際に北欧の家庭で使われて来た
ヴィンテージ/アンティークのユーズドのお品となり、
経年による劣化や使用感があるものがほとんどです。

特に目立つような傷や汚れについては、上記【コンディション】の欄にて、
できるだけ詳しくご案内しておりますが、
特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもありますこと、ご了承ください。

商品情報に記載しきれない小さな傷などについては、
ヴィンテージ品の特性としてご理解の上、お買い求めください。

上記以外にも製造時の粗、また北欧の陶磁器の底面には、
焼成時の3点の支柱跡が見られるものが多くございます。

お品についてのより詳しいコンディションをご確認されたい場合は、
メールにて事前にお問い合わせ頂きますようお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・